« March 6, 2005 - March 12, 2005 | Main | March 20, 2005 - March 26, 2005 »

March 19, 2005

中西議員が捕まった現場 Part 2

Sexycharhan日刊スポーツ3月18日に次の記事が載っていた。 中西議員が犯行1時間前に六本木の24時間居酒屋”のんでこ”で 同店名物セクシーチャーハン(900円)を注文していた。この店の支配人は 山田まりやのお父さん山田祐次さん。チャーハンは辛子明太子ののったふた山とソーセージとのりを使って巨乳と下半身をしゃれでイメージしたもの。10日 午前1時ごろに1人で入店し”焼酎をロックで”と注文。セクシーチャーハンを勧めて5分後に運ぶと目を閉じ泥酔した状態でズボンとパンツをおろして下半身丸出しだった。会話は無理で山田さんは急いでズボンをはかせて中西議員を抱えて店外に開放したとのこと。このセクシーチャーハンで興奮したのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 18, 2005

中西議員が捕まった現場 Part1

seven_stars3月9日に 国会議員の中西一善がわいせつ罪で逮捕された。新聞週刊誌で報道された現場写真をみると よく見覚えがあるところだった。ちょうど林かおるさんのサパーSeven Starsのビルの前だ!店の前には金魚があって墓地の近くだ。 なるほどそこは雰囲気がちょっといかがわしくて よく酔っ払いがおしっこしているかゲロ吐いているところだ。カップルがキスしていたりしている。Seven Starsの祥平に聞くと 警察の取調べなど大変だったようだ。ポン引きではなく客引きの黒人が警察に通報したらしい。 被害者の女性はSeven Starsの御客さんではなかったようだ。フライデーの記者が飲みに来たと祥平が言っていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

たぬきが食べにくる甲府のラーメン屋

tanuki_kofu朝5時30分に起きて仕事で甲府の山梨大学へ行った。昼食を食べようとしたところ雨が突然降ってきて 武田3丁目の道沿いのラーメン屋 ラーメン工房 ” 一心”に入った。味噌ラーメンを食べていると目の前に犬がラーメンを食べている写真が数枚壁に貼ってあった。新聞記事も載せてありそれはたぬきがラーメンを食べている写真だった。冬は冬眠で出てこないが去年5月ごろから大人2匹のたぬきが店の裏手に現れ残り物をあたえていると突然姿をみせなくなり 今年6月には今度は子供4匹に増えたらしい。親が子供にうまいラーメン情報を教えたようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2005

林家しん平の前妻は桂木文だった

katsuragiaya林家こぶ平が 13日9代目林家正蔵を襲名した。リンカーンを先頭に車7台の列は全長56メートルにもおよび14万5千人がパレードに参加した。会社の同僚のS氏が こぶ平がみなさんこれからゾウー(蔵)って呼んでください。って言ってパオーと言ってました。 パオーパオーの専売特許取られてますねぇ!と言っていた。

こぶ平は実は2回の結婚をしていたと思っていたが、これは間違いだった。判ったのは、コメントで通りすがりのかたにご指摘を頂いた。桂木文と結婚していたのは林家しん平だった。すみません。訂正します。女優でデビューし雑誌GOROやスコラでグラビアへ進出した桂木文で、1982年の大学のころ渋谷の AXXXという英会話学校へ通っていたころ桂木文が習いにきていた。すごく痩せていてきゃしゃで大人しくどこか病的であった。翔んだカップルの圭ちゃん役をやっていた。ヌード写真集をすぐ出版した。矢沢永吉の奥さんも英会話を習いにきていた。桂木文としん平はまだ結婚する前であったが、しん平はまだ有名ではなかった。

桂木文は離婚して35歳で芸能界を引退して首都圏に主婦として住んでいるらしい。かなり昔の話であるがなつかしい。最近では、ドラマや映画に女優としてデビューしグラビアなどに進出しヌード写真集を出したものの なかず飛ばず状態をさして桂木文パターンと言われている。  

| | Comments (43) | TrackBack (0)

太鼓の達人(TaikoDrum Master)

taikomaster太鼓の達人の英語版が3月17日に発売になる。ディスコではやったSeptemberとかLocomotionとか30曲くらいあるらしい。 ジャスコのおもちゃ売り場のモニターで息子が列に並んで叩いていた。英語版は判るんだろうか?しかし ABCの歌をしっかり叩いていた。小さな子供たちが知らないであろう英語の曲にあわせていきなり太鼓を叩くのには驚いてしまう。リズム感が良いのだろうか?このままでいくとドラムを買う羽目に合いそうだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2005

金なしコネなし学歴なしの本を読ん感動!

konenashi ”金なしコネなし学歴なし”という橋本真由美著 PHP研究所 1200円を読んだ。ライブドア社長 堀江社長も大絶賛!平凡な田舎の少女がチャンスをつかみ女性社長として都会でサクセスするまでの秘密を公開とブックカバーに書いてあった。特に感動したのは60ページ。いろんなバイトをして模索していた時、バイトが終わって 六本木のバーで飲んでいたら志村けんさんに出会って、アイーン そしてへんなオジサンのモノマネを本人の目の前でやって、もし上手だったら事務所で働かせてくださいって強引にたのんで次の日から 放送作家見習で麻布の事務所に就職したというのがうそみたいなホントの話だ。ホントにパワフルな女性だ!自分も 20年前新入社員のころ六本木で 仲本工事サンの前で パオパオの象さんのスキャンティを歌って踊って受けて 荒井注サンが抜けたのでドリフターズに入らないかと冗談(?)で言われたことがある。お返しにいい湯だなを歌ってもらったことを思い出したが。また173ページ マネーの虎に出演して出資を断られてもそれを見ていた取引先の役員がマネ虎の5倍の額を出資してくれたことが載っている。夢は必ず叶うと信じているというその言葉が真実なのだ。ライブドアの堀江社長との出会いも面白い。186ページには広報の力ってすごいと彼女はライブドアの広報の担当者を誉めている。最後に面白かったのは 207ページのおひとりさま向上委員会だ! インターネットで調べたら 株式会社ハーシーのWeb マガジンの”できる社長に会いに行く”というインタビューが面白かった。特にマスコミで話題になっている若手社長の素の姿が見れて面白い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2005

ダットサンの由来

Datsunうちの車の日産リバティがリコールでマフラー交換の依頼の知らせが日産からきた。子供を連れて近くの日産へ車を持っていった。日産の販売営業所のなかに子供の遊び場があってそこに 小さなダットサンが置いてあった。1935年製 DATSUN(ダットサン)14型フェートン。なんと70年前の車だ!インターネットで調べてみると古い車や歴史のいろいろ情報があっておもしろい。子供向けのリンクサイトも興味深い。 DATSUN(ダットサン)の由来は 日産の前身の快進社自動車工場の出資者の3名の田健次郎、 青山禄朗、 竹内明太郎の頭文字をとってDAT号(脱兎号)とつけたことからくる。 また1914年から製造開始し1931年DATの息子(SON)と言う意味で DATSONという名前になった。しかしSONは(損)ということで 1932年にDATSON(損)から DATSUN(太陽)になったそうだ。その当時車の価格は、1650円だった。(公務員の初任給が75円)1932年に150台、33年202台、34年1170台,35年3800台と横浜と大阪工場で製造されたそうだ。 ダット(脱兎)のごとく走るという意味で ウサギがボンネットの上についていた。ダットサンのブランドを大切にしようという全日本ダットサン会が設立され会員は473名いるそうだ。日産自動車株式会社( ショートヒストリー)は、1934年6月1日に鮎川義介が創始した。(杉田かおるの夫の先祖)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« March 6, 2005 - March 12, 2005 | Main | March 20, 2005 - March 26, 2005 »