« September 4, 2005 - September 10, 2005 | Main | September 18, 2005 - September 24, 2005 »

September 17, 2005

LEON の秘密と舞台裏

面白い本を読んだ。LEONの秘密と舞台裏である。岸田一郎というカリスマ編集長が作った LEONという雑誌。チョイ不良(ワル)おやじのメンズライフ誌である。メンズのファッション誌で成功した雑誌が現在までなかったのに、今も伸びており話題をさらっている。なんと出版社は主婦と生活社だ。

雑誌 LEONは、2002年2月から モテるオヤジの作り方という特集で話題になってきている。モテる オヤジ ちょい不良(ワル)という言葉が氾濫してきている。 キャッチフレーズが面白い! 読者の先頭を切って遊んでいるような人たちとの人脈をつくり刺激を受けているそうだ!

2004年6月号は ”モテるオヤジはカラダがちょいムチ”
2004年8月号は ”ぜんまい”おやじはとまらない”
2005年5月号は ”ゴルフオヤジのお茶目テク OBでクワガタ ”
コピーライターが考えたキャッチコピーではなく編集者が考えてストーリーを持ち込んでいく。

一緒にゴルフのコースを回っている女性が林にボールを打ち込んでしまってボールを捜しにいく。そのときボールとクワガタを1匹捕まえて女性にプレゼントしてあげる というお茶目なオヤジのストーリーは実際にあった話らしい。そして ”お茶目オヤジはクワガタ”になったらしい。

読者は10万人kらいだが、10分の1は女性だそうだ。そこで創刊されたのが NIKITAだった。
この本は読んでいて目からウロコが落ちるような感覚だ。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

September 15, 2005

郵政民営化になぜ国会議員は反対するのか?

日本テレビのズームインのキャスター辛坊治郎さんのコラムを読んで最近驚いたことがある。

コラムより抜粋ー
 
郵便局には3つある。普通郵便局、特定郵便局、簡易郵便局。本局と言われる大きな郵便局が、全国に1300,これは全郵便局の20分の1にすぎない。特定郵便局は 18916局( 2000年末)ある。これがクセモノなのだ。
街の郵便屋さんの大多数で局長が特定郵便局長という国家公務員の郵便局なのである。

特定郵便局の特徴は下記のものだ。

1)郵便局の土地 建物は郵便局長の所有物であり国が局長に家賃を払っている。自宅=郵便局の場合でもこ 
  の家賃は払われる。
2)局長には給料はもちろん公務員としての待遇が保証される。
3)公務員としての定年はあるが妻、子に世襲的にその地位が受け継がれる。
4)給料とは別に年間数百万の経費(渡し切り経費)が支給される。
5)局の営業成績が悪いと局長会などで肩身が狭い思いをするが公務員なので収入が減ることはない。

今だかつて特定郵便局の局長の公募したという話は聞かない。特定郵便局長の後継者、郵政省OB(現総務省)のみが知りうるシステムで大変な利権なのである。ここで力を発揮するのは、自民党郵政族といわれる国会議員であり、郵政のドンは野中元幹事長である。

2万人の特定郵便局の局長が核になって、その家族関係者が数十万票の集計マシンになっているのだ。

郵政民営化がいかに自民党にあって無謀なスローガンであるかが判る。特定郵便局は、郵政OBの受け皿であり
絶対につぶれない。お役所だからだ。しかも昔から世襲制である。しかし国民の税金でまかなわれている。

上記2種類以外の3つ目の簡易郵便局はいわゆる業務委託形式の郵便局である。働いている人は公務員ではない。この数全国で4500.経費的にははるかに有利なシステムだ。しかし全国2万の特定郵便局をこの簡易郵便局に置き換えようとする政治的モーメントは働かない。理由は言うまでもないだろう  -抜粋ー

郵政民営化に反対した30数人の国会議員の選挙の投票支持母体は、特定郵便局長を核とするグループなのだ。だから死んでも反対するのだ。

綿貫議員は、長男の綿貫勝介さん(トナミ運輸の社長)が郵政省の関係の仕事をしているのでなくなったらまずいので反対しているのだ!ホントは息子の会社の利権が大事なのだ。
トナミ運輸株式会社の会社概要

全国特定郵便局長会(大樹の会)の闇 ー民営化で何がかわるか?-
上記の3)渡し切り経費が なんと912億円(2000年)もある。この特定郵便局には、GHQも手をつけられなかったらしい。

もう特定郵便局をのさばらせている場合ではない。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 14, 2005

言いたいことも言えずに ブサンボマスターズ

b000amsx16Dscf1034TV番組 ”はねるのトビラ”からでた話題の3ピースバンドがあの曲をCD化! メンバーは、ヴォーカルにドランクドラゴン塚地、ベースにインパルス堤下、ドラムにキングコング梶原を配した3人。番組ではワンコーラスのみだったあの曲が、CDではフルコーラス収録される。  ”言いたいことも言えずに” という曲を一度FMで聞いてから大好きになりCDを買ってしまった。

早速カラオケで大熱唱。歌詞で ムカつくんだぜ とにかく嫌いなんだ 顔のイイ男がというサビの部分が妙に力が入る。 DVDの映像バージョンもCDについていて爆笑だぜ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2005

恋のマイアヒ  飲ま飲まイエぃー!

Dscf1018最近耳について離れない音楽がある。恋のマイアヒーという歌で ネコネコ空耳 恋 versionがめちゃおもしろい。 飲ま飲ま イエィ マイアヒー マイアホー マイアフー という何語かわからないけど(ルーマニア語らしい)ノリがよくてネコのアニメが面白い。ついつい飲み屋で 一気飲みをしてしまう。

歌っているのは、Ozoneというグループで 2003年発売されたモルドヴァ共和国のイケメン3人組のラップ調なポップな歌であるが、 ヨーロッパで400万枚も売れて日本でもバカ売れらしい。 モルドヴァはルーマニアとウクライナの間に位置する 人口438万人の面積 33700m2(日本の面積の11分の1)の小さな国だ。この曲はスペインでヒットし 曲名は Dragostea Din tei(英語名 words of love)という。

日本では 3月2日にエイベックスがアルバムを発売し 落書きしたようなネコがルーマニア語の歌詞しツッコミを入れ ”飲ま飲ま イエィ ”と聞こえるサビの部分で酒をがぶ飲みする動画のFlashは、 実は地方の20代のOLが趣味のサイトでキャラクターを作って公開したところ火がついたらしい。人気ダンス パラパラにぴったりの曲として浸透しカラオケでの定番になった。 SMAPのバラエティ番組でも 4月末から5月末にかけて4週連続で紹介された。

何回もDVDでノマネコのクリップを見るとツッコミの歌詞が、非常に面白くて空耳とはいえ ルーマニア語って日本語に似てるんだなあと思った。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

September 11, 2005

旦那はカルピスフェチで奥さんはビールがぶ飲み!

10日の夜自治会の夏祭りの打ち上げでマンションの会議上で飲んだ。ビールとピザなど持ち込みで10人くらいで18:30から23:00まで飲んで大騒ぎ。自治会長のSさんと管理組合Kさんを囲んでワイワイガヤガヤで楽しかった。浜松町の大画面のあるカラオケスナックを紹介してもらった。キャサリンがおすすめらしい。
夏祭りの輪投げゲームは 4万円の売上ってことは、1回50円で800人来たってこと!
 
Fさんの奥さんはいつも明るくて元気で電話の声が美しい。テンションがあがると声の高さも上がりピークに達する。
 
3人の子持ちの奥さんKさんが面白かった。旦那さんは一切酒が飲めずカルピスが大好き。一方奥さんはビール大好き。カルピスをお茶か水のように飲むらしい。Kさんの奥さんは、実家が寿司屋なので小学校からビールを飲んでいたらしい。非常にホステスに向いている。旦那さんはカルピスの特売には目を光らせていて買いにいくそうだ。希釈倍率も飲んでいてわかるのでうるさいらしい。
 
年配のSさんは娘さんがカナダにすんでいてビーフジャーキーをお土産に持ってきてくださりおつまみに。日ごろ 6時ごろからマンション前の公園で朝からグランドゴルフ(ゲートボールといったら違うと怒られた)をしていて、自治会長のSさんが出勤するころ ”わたしたちの年金しっかり稼いできてぇー!”とSさんが声をかけているらしい。
私も二日酔いでヘロヘロで出勤している姿をしっかり見ているらしい。(私夜は元気なんですけど。)

元自治会長独身Tさん、防災会長Aさん 自治会のOさんのために合コンを企画することを提案した。(結婚式の2次会の幹事司会の予約もしてもらうことを前提で)

最後に盛り上げるためにアカペラで数曲歌って踊ったら大うけだった。Yeah めっちゃホリデイ、恋愛レボリューション、キューティハニー、 悲しみが止まらない、One Night Carnival・・・ 休みの日も疲れたぁ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

京風おでん”ぜいろく” とバニーガール

Dscf0569Loft1011loft10129日の夕方お客さんのMさんとTさん Iさんと六本木の交差点近くのおでんや”ぜいろく”へ。日本酒 強力のプレミアムがうまい。暑い日におでんはミスマッチのようであるが、しかしうまい。東京カレンダーの別冊 東京情緒食堂の和食のレストラン特集で P68に紹介してある。7月13日のマスターの誕生日には あるある探検隊の”レギュラー”が食べにきたらしい。最近はマスターのノブさんパソコンで私のBlogを毎日Bookmarkして夜の行動をチェックしているので私は監視されている。

2次会はLoft 101のバニーガール バーへ。最近六本木店ができたとのことで、場所は思いで深いララルーのあったところだ。金曜日10時なのに空いていた。銀座店で前働いていた女の子がこちらで働いていてテエロホンカードをあげたら知っていて喜んでいた。青いバニーの耳を貸してもらい写真をとってもらった。耳は固く良くできていて値段は高いらしい。価格はリーズナブルで女の子も話し相手になってくれるので、エスカイヤクラブやロイヤルやZENに比べれば安くてうれしい。バニーファンの私として2次会はおすすめの店だ!

バニーガールサロンのHP

| | Comments (128) | TrackBack (0)

« September 4, 2005 - September 10, 2005 | Main | September 18, 2005 - September 24, 2005 »