« September 18, 2005 - September 24, 2005 | Main | October 2, 2005 - October 8, 2005 »

October 01, 2005

深沢敦さま大好きです!

0922fukasawa30日にTさんに誘われて下北沢で見たミュージカル好色必殺時代劇版 ”URASUJI”で 1回でディープな深沢敦になってしまった。自分より年下だが、そうは見えない。(誉めてない?)深沢敦さんは 人気TVドラマ ”はるか17”でオネエ言葉のメイクアップアーチスト尾倉役など超個性的な役な役者でボイストレーナーだ。殺陣あり ダンスあり 歌ありの衝撃の舞台。 杏子さんと10年の旧知の仲で暖めてきた企画。
初めて着物姿を見た杏子さんは、高田文夫さんに”銀座に店を持てる”と褒められたそうだ。

URASUJIは、帝劇のセットとメイクをスズナリに持ち込んだと言われていたが、新宿2丁目のスポンサーを獲得して劇団四季のようにホールを建ててロングラン公演をやってもらいたい。10日間では短すぎるというかちょっと物足りない。

日本のぺッドミドラー歌姫 あっちゃん がんばって!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 30, 2005

好色必殺時代劇版ミュージカル ”URASUJI”はめちゃうけだ!

Dscf120729日は 下北沢 ザ・スズナリでTさんに誘われて好色必殺時代劇版ミュージカル ” URASUJI "を見に行った。 題名がなんだかAVビデオ風でイヤラシソウであった。しかし必殺仕事人のことである。

深沢敦と杏子(元バービーボーイズ)がプロデュースで 作演出は松村武(カムカムミニキーナ)。敦さんと杏子さんは仲が良いらしい。Tさんは 10年来の相当ディープな深沢敦ファンである。

数年前杏子は 福耳という山崎まさよしとスガシカオと3人ユニットで”星のかけらを探しに行こう”という歌を発売し私は今でもカラオケのシメで歌っている。

おゆき役の池田有希子はキュートで歌がうまく可愛かった。紅役の藤田紀子さん(カムカムミニキーナ)には、衝撃を受けた。松本明子+ 野沢直子+久本雅美を足して3で割ったようなキャラはめちゃ面白い。藤田さんの大ファンになってしまった。

音楽もシンプルでガレージシャンソンショーと言う名前で 山田晃士さんはローリーに似ている(失礼!)。
アコーディオンの佐藤さんも頭の髪の毛もセットに時間かかりそう!CDを思わず買ってしまった。

深沢敦さんもはじめて見たが面白くて感動した。ヴォイストレーナーなどしていて以前笑っていいともにでていた。
このミュージカルもBlogあって出演者が交代で日記を書いている。 10月2日までの公演であるが暇があればぜひ観に行くと面白いと思う。

Urasuji(裏筋)のBlog

| | Comments (4) | TrackBack (0)

OZ マガジンの購入でトラヒゲで景品ゲット!

Dscf1197Dscf1202Dscf1199Dscf1203丸の内オアゾの丸善の前で女性雑誌OZ マガジンの10月10日号の宣伝をしていた。”丸の内と銀座”特集だった。

なぜか大きな頭のトラひげの人形とトラひげゲームの樽が置いてあり、OZマガジンを購入するとマウスパッドと 花が一輪貰えてさらにトラひげゲームでナイフを3回さしてトラひげがでればトミーの太陽電池で踊る植物がもらえるという。

早速好奇心旺盛な私はOZマガジンを購入しトラひげゲームに挑戦。 2回目のナイフを差込み見事トラひげが樽から出てきて大当たり! 太陽電池で踊る植物ゲット!

こんな大きなトラひげゲームの樽見たことない。 自治会のお祭りや餅つき大会で貸してもらえないだろうか?
子供達には大うけである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 29, 2005

Caver( 洞窟ファン)って知ってる?

兵庫県のお客さんのN社のMさんと昼食事をして面白い趣味の話を聞いた。Mさんの趣味はCaver(ケーバー)という洞窟の真っ暗で狭い穴をひたすらLEDをかざしながらもぐる。ダイビングのウェットスーツをきて川口探検隊のように地中深く穴を降りていく。前世はモグラだったのではないだろうか?しかし海のダイビングに似ているらしい。

非常にマニアックな趣味でCaverは、全国で1000人しかいない。。降りていく間に左脳は次の足場を探しながら右脳は、怖がっていたりして精神の鍛錬になるらしい。Mさんは、初めて5-6年になるらしいが、はじめは簡単なコースから連れて行かれて次々に難所コースを制覇するごとにハマッってしまった。 11歳の娘さんも早く連れて行きたいらしい。

洞窟へ降りるのは許可を得ており 3人1チームで降りるそうだ。Mさん狭い穴に閉じ込められてカラダがはさまり肋骨を2本折ったと聞いた。しれから10kg痩せて体を絞ったらしい。たて穴に宙ぶらりんで1時間過ごしたり話を聞くと並大抵のことではない!閉所恐怖症と高所恐怖症だと地獄である。

この前は、山口県の秋方洞へ降りていったらしい。孤独で暗くて静かで寒いところが大好きだなんてすごい。なるほどMさんは、仕事の難題もチャレンジ精神で突破するは趣味のケービングよりも易しくみえる。穴が好きなM
さんの目が輝いてみえた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 28, 2005

新幹線で背広の上着忘れました!

Dscf119226日東京から三島まで新幹線で出張の際 うっかりしてあみ棚に背広の上着を忘れてしまった。降りた際すぐ気がついてグリーン車から顔をだしている車掌にドアをあけてくれるよう頼んだが ”この列車は停車時間がなく発車します。次の駅で探して降ろします”と言われ列車はすぐに発車してしまった。夕方名古屋へ宿泊するので名古屋で探して上着を降ろしてもらいたかったのに。
 
しかし三島の駅員に確認すると乗ったひかりは 次は名古屋停車であるが停車時間が1分しかなく名古屋で下ろせないとのこと。 このひかりは新大阪が終点とのことで、背広は新大阪から宅急便で千葉の自宅へ着払いで送りますとのこと。 JRさんありがとう!

27日に名古屋から夜遅く帰ると早速新大阪の遺失物取扱所から宅急便で背広の上着が届いていた。宅急便代1050円なり。このサービス喜んでいいのか悪いのか?とにかく背広のなかには財布や貴重品は入っていなかったのが不幸中の幸いであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名古屋のおいしいみそ煮込みうどん

Dscf1190Dscf119126日静岡と27日名古屋出張だった。愛知万博が終わったせいかホテルの予約がすんなり取れた。いつもよく行くお気に入りのみそ煮込みうどんの店が名古屋駅前の松坂屋デパートの7階にある。きしめんの吉田やである。山本屋が結構有名であるが、それより味はあっさりしている。ドイツ人を連れていってもおいしいと評判だ。
周辺のホテルのフロントでおいしいきしめんの店として奨めているのか、アメリカ人や韓国人が食べにきている。
みそ煮込みうどん中毒になってしまい名古屋へ来ると必ず食べてしまう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2005

本物のウォーターボーイズ県立川越高校水泳部

24日15:30から日本テレビのズームインの密着取材番組で ウォーターボーイズのドキュメンタリー ”元祖 ! ハダカの青春シンクロに燃えた夏 ”を放送していた。
映画やドラマででウォーターボーイズは見て知っていたが、県立川越高校の水泳部の9月10日11日の文化祭のくすのき祭でのシンクロはテレビで初めてみた。

9名の3年生と総勢48名の部員で行う2日間で11回のシンクロの公演に1万人近くお客さんが見にきている。1回800人観客が入場できるが、整理券を当日朝近くの小学校で配るが朝早くから黒山の人だかりだ。 プールサイドでは” シンクロ チャチャチャ ” と女子高生が拍手をして盛り上げる。 ズームイン解説委員の辛坊治郎さんもOBであるが、テレビ朝日の小久保知之信アナもOBらしい。

ことの始まりは、男子校生徒が日々”モテたい”と思っていたときのことだそうだ。そんなある日夏前に部活を引退した3年生水泳部員が ”9月の学祭の出し物で プールの横を喫茶店にしてさ、プールの中でシンクロとかやったらウケないかなぁ?”と言った。 ” それ面白い ! ” と1988年に彼らはなぜか実行。 

最初は水中組体操のようだったシンクロも年々磨きがかかり、パフォーマンスとしての完成度を増し、”お茶を飲む時の余興”ではなく”立派なショー”として近隣で有名になってしまった。しまいにはテレビのニュース番組がきてそれをきっかけに映画化され、ついにテレビドラマ化されてしまった。

9月27日は,フジテレビで 9月3日フジテレビお台場冒険王特設プールで行われた全国高校生ウォーターボーイズ選手権大会が放送される。全国から8チーム出場したとのこと。動機はモテたい男子高校生の1つの手段にすぎなかったシンクロがここまで全国化されるとは!

2003年の川越高校の ウォーターボーイズのルポ

川越高校の変わっていて面白かったのは、昔の運動部の体育会のように下級生が上級生に奉仕するのではなく、3年生が1、2年生を大切にし、プールの掃除準備までしていることだ。陸ダンス(プールサイドでの踊り)のちょっとHなフリツケは映画と同じでお笑い番組より面白い。1ヶ月の夏休みの猛練習で本番でもシンクロの完成度がすごくなっているのには驚いた!

これからは、スポンサーを募り全世界へツアーを組んで各国で公演してまわり日本の高校生の存在をアピールしてもらいたい。

大垣西高のシンクロチーム ”海坊’S"

三重県津高シンクロチーム

| | Comments (26) | TrackBack (0)

« September 18, 2005 - September 24, 2005 | Main | October 2, 2005 - October 8, 2005 »