« November 27, 2005 - December 3, 2005 | Main | December 11, 2005 - December 17, 2005 »

December 10, 2005

来年の映画 プルーフ オブ マイ ラブ

img3img2
2006年1月14日から公開予定の 映画 ”プルーフ オブ マイ ライフ”。 2006年アカデミー賞最有力といわれている。 恋に落ちたシェークスピアのジョンマッデン監督で 主演はグウィネス パルトロアと若手演技派俳優ジェイクギレンホーラ。 またアンソニーホプキンスも共演している。

ストーリーは天才数学者の死をきっかけに自らの人生を封印してしまった女主人公キャサリン(グウィネス)。 父の弟子の数学者ハル(ジェイク)と出会ってから少しずつココロを開いていくが父の書斎から世紀の数字の証明(プルーフ)が見つかり彼女の運命が変わって行く・・・

ポケモンもクレヨンしんちゃんの映画も良いが、たまにはおじさんもこんな映画を見てみたい!
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

息子の幼稚園のクリスマス祝会

DSCF2413DSCF2421DSCF24409日は、息子の幼稚園のクリスマス祝会で会社を休んで朝早くから八千代市民会館へ。席とりのため早めに並んだ。園児が300人いるので参加人数は1200人を超える。1大イベントである。年長組の100人のクリスマスニュージカルは、すごい。感動を呼び泣いているお母さんも多い。 DVDやVideoの販売数も多い。

この年長組のミュージカルは、市長から頼まれて12月24日緑が丘のジャスコの広場で16:00から行うそうだ。息子は Waになって踊ろうを歌って踊りゴスペルクラスをとっているので2曲歌った。こんな大ステージで 4、5歳の園児が1クラス30人で先生の指示なしで踊れるとは凄い!小さいころからステージ度胸をつけていると私ももっと変わったかも?

ゴスペルの歌で ビデオをとっていたら、息子があくびを3回していたが あとで聞くと大きな声で歌っていたと弁解していた。お母さんたち保護者有志のコーラスまた園児とのコラボレーションも初の試みだった。最近の幼稚園のイベントのショーアップされたレベルに驚いてしまう。

同じマンションで幼稚園通う息子の1年上のHくんのお母さんが私のブログを読んで青春アミーゴのビデオをわざわざダビングしてくださった。どうもすいません。大変助かります。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 09, 2005

六本木のバー 栗栗坊主

photo_403photo_414photo_416photo_411
住友キャプテンの誕生日会で知り合った栗栗坊主さん。人懐っこくて人当たりがいい。昼間はソフト会社で働き自分の店でバーを六本木に持った。掛け持ちでソフトのプログラマーの仕事とバーをキリモリするガッツある38歳だ。ベルギービールがいろいろあって青りんごやバナナビールなど飲んだ。

第7ビレッジビルの2Fにはかつてコットンファイブという伝説のスナックが 13年間営業していた。 松田聖子とジェフがデートしていたスナックで私の踊りの総本山といわれる小さなスナックだった。第7ビレッジビルはその点でなつかしい。数年前までごはんやという美味しくて安い定食屋がビルの前にあって板垣さんがマスターだった。栗栗坊主さんと板垣さん実は同じマンションに住んでいて バーを出店するとき相談したらしい。実に奇遇である。

1年前 自分でバーテンダーの経験を積もうとライブハウスBoldの面接を受けたらしい。そのとき起久ママと店長せいじが面接したらしい。これも奇遇だ。写真はドラゴンボールのコスプレが異様に似合う 栗栗坊主さんとBoldのケンジ。アニメなどの歌もカラオケでうまく爽やかだ!宇宙戦艦大和には感動した!

ゼイロクのおでんを食べにいって尾花伸さんと飲んだが、いろいろ商売の先輩だけあって話が盛り上がった!強力がおすすめです。カウンターの中からみるお客さんの風景は面白い!


栗栗坊主

港区六本木5-9-14 第7ビレッジビル 3FC
TEL 03-3479-1750

マスター 池上徹さん

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ナイスミドルバーキャプテンの誕生日パーティ

photo_392photo_394photo_39912月6日は六本木のおしゃれなバー BOO! WHO! WOO!のチョイワルオヤジ住友キャプテンの45才の誕生日パーティだった。 仕事の関係で1次会のビストロ深見のフレンチには参加できず、結局深夜2時半に参加。しかし 1次会は45人も美男美女が集まり大盛況!3次会はそこから芋洗い坂の仁に行って新しい店クインビーでダーツゲーム。キャプテン、アレックス、栗栗坊主さんと真剣なダーツの試合を行い負ければ一気飲み!さっそうと タキシードを着こなし黒服のような格好も キャプテンの額には肉と描かれて筋肉マン。両方の眉毛はつながりビートたけしの鬼瓦権三状態。 私も顔もドンペリのコルクをライターであぶって炭にして書かれた汚い顔でサウナ VIVIへチェックイン!物凄いテンションの高い濃い 1日だった!

キャプテンとアレックスは昼間は自分のソフト関係の会社を持っていて社長。夜は自分の店のバーで働いている。夜は美男美女に囲まれてバーのマスター。シブーイ! こんなおしゃれな生き方をすオヤジたちが六本木に今繁殖している!かっこいい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2005

忘年会に向けて青春アミーゴ練習開始!

051119_22170001とうとうジャスコで買ってしまったCD ”青春アミーゴ”!

日本テレビ系ドラマ『野ブタ。をプロデュース』から誕生した、KAT-TUN・亀梨和也とNEWS・山下智久のスペシャル・ユニット、修二と彰の「青春アミーゴ」が絶好調。チャート登場4週目でついにミリオンを突破(累積売上105.9万枚)した。

今年は ミリオンを突破したシングルが皆無! 実売でも!100万枚を超えることが確実な 青春アミーゴ が 今年初のミリオンセラー、有線チャート&着うたチャートも第1位である。

シングルのミリオン達成は2004年5月17日付の森山直太朗「さくら(独唱)」(2003年3月5日発売)以来、1年7ヶ月ぶりの快挙となった。

昭和歌謡を匂わせるノスタルジックな曲調が女子中高生という既存のファンだけでなく!親の世代にも支持されていることが要因で宴会ソングの定番になること間違いない?

今回の彼らの大ヒットにはどのような背景があったのだろうか。ORICON STYLEでは購買層のインターネット調査を行なった。

青春アミーゴは、10代女性を中心にしたコアファンはもちろん、それ以外の層に幅広く訴求したことが今回のミリオンヒットにつながっていることがわかった。10代に続いて多い購入者層は、40代、30代、そして20代という結果になっているのだ。

昨年はこの時期に、年末の宴会を盛り上げる余興として「マツケンサンバⅡ」の歌と踊りを職場などの仲間同士で練習する人の姿が多くみられたが、今年のそれが「青春アミーゴ」となりつつあるようだ。

80年代の歌謡曲を彷彿させ、のりがよく男性のデュオによる歌と踊りで“きめられる”曲。まさにこれからのカラオケ、忘年会シーズンにぴったりの曲といえるだろう。30~40代の層から高い支持を受けている背景には、こうした季節的にマッチしたニーズに見事応えたという点が挙げられそうだ。

今年最大のメガヒットは、楽曲、アーティストの魅力に加えて、ドラマのヒット、年末の忘年会シーズンに向けたカラオケニーズから従来以上に幅広い層へ訴求した結果といえるのではないだろうか?

ファンタスティポは40万枚だったが、青春アミーゴは私のハートを強く射止めた! 特にサパークラブのセブンスターの三平と誠一のデュオはインパクトは強力すぎて爆笑だ!原曲の踊りはPVで見たことないが、この2人の踊りはサラリーマンの忘年会には、おいしくておすすめである。 

しかし問題は、青春アミーゴの踊りを習うためのPV (Video)がないのだ。いろいろ調べたが販売予定もない。
スカパーのスペースシャワーWOWWOWしかない。 しかもうちにはそんなもの加入してない!
マツケンサンバだったらたくさんPVででたのに!週刊TVガイドの10月号に振り付けの指導があったようだ!

特にサビのところの振り付けが逆の間寛平ダンスになってしまいそうでコワい!

ジャニーズエンターテイメントさんお願いだからサラリーマンのお願い聞いて! PV販売して!忘年会終わっちゃうよー!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

December 04, 2005

ロングドリ-ム 如月舞 の本を読んで感動!

85ad645f-s六本木のクラブ ”ヴォーグ”の 舞ママの本をやっと名古屋の三省堂で見つけて買って新幹線のなかで読んだ。27才の人生の中で 最悪の家庭環境の中で苦労しながら人の何倍もの経験をしてきた事実に圧倒されてしまった。

六本木No.1 キャバクラ嬢となりワインバーとクラブのオーナーになった現在では考えられないほどの、過去の青春はどん底時代。中学時代は、タバコ シンナー 万引きに明け暮れ 養父の性的虐待 デートクラブで援交 シンナー売り、エイズ疑惑、自殺未遂 と次々と不幸が襲う。そんなつらいときを母が支えてくた。偉大だ。
中学を卒業し彼女はパチンコ店で働き そして六本木のキャバクラで働きはじめた。

20歳で 六本木 HANAKOで働き始め1年でNo1に。雑誌やテレビで取り上げられカリスマキャバクラ嬢といわれる。24歳で経営コンサルティング、飲食店経営の会社の社長に。 27歳でワインバーを六本木で開店。現在はクラブ Vogue(ヴォーグ)のママだ。

こんなに短い人生のなかでいろいろ経験したにもかかわらず、前向きに生きてきた女性は少ないのではないだろうか?ホントに感動した。

ロングドリーム  如月舞  (元No.1 キャバクラ嬢のチャンスをつかむ方法) 出版社 経済界 1429円

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ベーシスト 青木さんの手

DSCF2346DSCF2344セブンスターでアレックス北村さんに紹介してもらい角松敏生さんのバンドのベースを担当している青木さんと出会った。48才独身でスリムで顔が以上に小さい。ベースを25年以上弾いている人の指をはじめてみた。そしてさわらせてもらった。ひろが ”指がつくしみたい”と言っていた。やはり指だこがあって苦労の様子がうかがえる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 27, 2005 - December 3, 2005 | Main | December 11, 2005 - December 17, 2005 »