« 祝完成 SM女王様テエロホンカード | Main | 丸の内300円タクシー »

June 07, 2006

9月公開の映画 No.1 ヅラ刑事

Zuradeka今待ち遠しいのは9月公開の河崎実監督の新作「ヅラ刑事(デカ)」である。

プロデューサー叶井俊太郎氏とタッグを組み、「いかレスラー」「コアラ課長」「かにゴールキーパー」など、バカ映画でスマッシュ・ヒットを飛ばして絶好調の河崎監督。

今回の「ヅラ刑事」は、初めて人間が主人公。 かつらをかぶった刑事が難事件を解決する痛快アクションムービーだ。主役はモト冬樹。

ヅラであることをカミングアウトした刑事が、自らのズラを銭形平次の投げ銭か、ウルトラセブンのアイスラッガーのように投げつけて犯人を逮捕していく。 この武器は、モト ヅラッカー。

逮捕された姉歯秀次・元1級建築士、かつらを着用して試合を行ったボクサー・小口雅之選手。頭髪にガゼン注目が集まる現在の世の中を象徴する映画である。

 主役のモト冬樹は、企画段階で河崎監督が白羽の矢を立てた。「頭髪に不自由なビッグな芸能人を探していたが、一番シャレが分かってくれそうだったのがモト冬樹さんだった」と“運命の出会い”を告白。出演依頼を冬樹は快諾して、ホンモノの“かつらムービー”が出来上がった。主題歌「悲しみはヅラで飛ばせ」もモト本人が歌っている。

 かつらを装着した冬樹は、一見すると誰だか分からないほど、端正な顔だちが際立つ“イケメン”に変身。それでも冬樹は「オレってカツラつけると普通に見えるんだよなあ。ヅラつけると自分だと誰も分かってくれないからハゲのままがいい」と苦笑いしている。

劇場窓口でヅラを全部とると入場無料だそうだ!劇場窓口が一番立ってみていると面白いかもしれない! 
でもモト冬樹は ヅラはあついしと言って日常はかぶる気はないらしい。

|

« 祝完成 SM女王様テエロホンカード | Main | 丸の内300円タクシー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89074/13940715

Listed below are links to weblogs that reference 9月公開の映画 No.1 ヅラ刑事:

« 祝完成 SM女王様テエロホンカード | Main | 丸の内300円タクシー »