« January 15, 2006 - January 21, 2006 | Main | January 29, 2006 - February 4, 2006 »

January 28, 2006

浅草発!ハートフル!すったもんだムービー 寅蔵に会った日

DSCF3713DSCF3698DSCF3695DSCF3729DSCF3732DSCF3729DSCF3729DSCF3737住友さんから 御紹介してもらった自主製作映画 "寅蔵に会った日”を野方区民ホールに見に行った。住友サンのマイミクの ひろさんやまゆちさんに会った。

監督は女性で さいとうりかさん。上映時間52分だが、映像カットはいっぱいで浅草の景色がところ狭しとでてくる。
舞台の季節は春の花見。主人公は、白髪の老人寅蔵は芸歴40年以上の石見榮英(いわみさかえ)さん。青年満男をひっぱりまわし彼女の茜との約束をすっぽかすが最後には2人はハッピーエンド。

ストーリーは単純だが浅草という人情味あふれる下町の良さがでていてハートフルでホットする。
寅蔵と満雄にドンドン引き込まれていき茜にも情が移る。
寅蔵は寅さんからきているらしい。

私は古いがデンスケ劇場の大宮でん助を思い出した。

また,2人のカップルを見てちょうどりかとカンチの東京ラブストーリーを思い出した!(浅草ラブストーリーか)

こっちだよこっちと言って満男を引っ張りまわす寅蔵を見て自分を思い出した。若者をこっちだよこっちといって飲み屋を引っ張りまわす自分。ハハハ! 自分は将来の寅蔵か?

映画のあと打ち上げで和民で映画に出演した俳優、監督スタッフで40-50人で飲んだ!これが非常に面白かった。

寅蔵役の石見榮英さん、満男役の川崎慎治さん、茜役の佐藤美由希さんといろいろ話して飲んだがこれが面白い。

さいとうりか監督は全員ナンパしてえいがの出演を依頼したというのが面白い! 非常にエネルギッシュだ!

水木ノアさんの音楽もマッチしていて私の青い空がバックに流れている。浅草のチンドン屋の雰囲気でコミカルで心地よかった。

一番驚いたのが、石見榮英さんの娘さんが フィルモアイーストで働いているルナちゃんだったことだ!なんとルナちゃん私もバックダンサーだったのだ!榮英さんもびっくりしていた!テエロホンカードもあげたらウケていた

| | Comments (3) | TrackBack (0)

メイド雪だるまが神田神保町にあらわる!

2006-0123-15442006-0123-15362006-0123-153612006-0123-1559先週雪が降って都内はもう雪とけたかな? という23日仕事で神田神保町の本屋通りをあるいていたら、大笑いの雪だるまが一杯道においてあった。フォークリフトで移動しないといけないくらいでかい! メード雪だるまとスフィンクス雪だるまには笑った!神田神保町の商店街の人たちってユーモア一杯ですね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 22, 2006

面白そうな自主映画 "寅蔵と会った日” 23日上映!

image1123日夕方自主映画「寅蔵と会った日」が中野区「野方区民ホール」(西武新宿線 野方駅徒歩3分=160歩!) で公開されるので観に行く予定だ!

六本木のBar Boo!!Who!Woo!のマスター住友さんの知り合いの監督の8年ぶりの新作映画が「寅蔵と会った日」だそうだ。この映画は、浅草オールロケの超娯楽作品で今年の4月、台東区の協力の協力、浅草そして桜満開の隅田川を飛び回って撮影したそうだ。

お年寄りからお子様まで、頭を空っぽにして楽しんでもらえる、意気のイイ作品らしい! みんなで作品の感想を聞かせてあげればもっと嬉しい!


▼▲▼▲▼『寅蔵と会った日』▼▲▼▲▼ 

 ▼2006年 新春★初公開決定!
 ▼1/22(日)23(月) 
 ▼中野区「野方区民ホール」  (西武新宿線 野方駅徒歩3分=160歩!)
 ▼19:00開場 19:30開映 
 ▼入場料1000円(全席自由・当日券のみ)

「寅蔵」公式サイトがリニューアルオープン!
http://www.k4.dion.ne.jp/~torazo/ (予告編がご覧いただけます)

1分57秒の予告ムービー

| | Comments (4) | TrackBack (0)

絶倒絶倒 梅垣義明の"青い追悼会!”

DSCF3533DSCF3537DSCF3538DSCF3549DSCF3539DSCF3555DSCF3571DSCF3572DSCF3606DSCF3588DSCF3594DSCF3620DSCF3629DSCF3547DSCF3635DSCF3637DSCF3648DSCF3654DSCF3665
20日は元会社のお笑いフリークの Tさん、S さん T-nakaさん、T- nakaさんの弟夫妻と6人で新宿シアターアップルでワハハ本舗梅垣義明(梅ちゃん)の ”梅ちゃん青い追悼会”のライブの3日講演の初日に観に行った。
特にT-nakaさんの家族は、お母さんから子供まで一家で梅ちゃんのディープなファンなのがすごい!そういう家庭あんまり見たことない!

ひさしびりに梅ちゃんをみた。6年前に1回家内と品川プリンスホテルで梅ちゃんを見たが、靴を取られて農薬の噴霧器で水をかけられ、靴の中の匂いまでかがれてしまった経験がある。(あとから タオルをもらったが)

今回のチラシやお知らせには"ご来臨の節は汚れてもいい服装でお越しくださいますようお願い申し上げます”と書いてあった。みんなファンは、前もってレインコートやビニル袋やかさを持ってきていた。前3列は養生シートが椅子の下にひいてあった。

最初はお葬式ということで舞台には 梅ちゃんが葬られており観客が棺に1人づつ献花した。19時スタートなのに
18時開演で1時間前からステージの上の棺の中に入って待っているという最初の演出から驚かされる。

客席から王子様が指名されキスによって生き返るというシンデレラの設定で50代で白髪交じりで黒のスーツ銀のめがねをかけているサエキさんが選ばれいじくられた。しかし夫婦できているのがすごい!

"みんなで作ろう "梅ちゃんのDVD"映像収録限定講演 というDVDの撮影を兼ねたステージとのことで盛り上がった映像を撮りたいとのことでいろいろ観客に注文があった。これは 仕込みでもやらせではありません。”これは演出です” というのには笑った。奥さん意外お彼女にはDVD編集でモザイクをかけますとのサービスも大笑い!

今回はハゲたおやじが多く 夫婦連れが多いのには驚いた。熱烈なキスの嵐で抱腹絶倒!有名な金田一教授も観にきていて舞台にあげられ、ちんちんにホースまでつけられその先のマイクで梅ちゃんが歌った。かなりのファンらしい。大学教授も結構梅ちゃんファンが多いとのこと。

着替えもステージにカーテンを引いて目の前でしながらのトークも面白かった。

サランラップで顔をまかれたり、するめを投げつけられたり、鰹節をまかれたり、おしっこの水をまかれたり、ものすごいテンションであっという間の3時間だった。しかし、投げられたするめでいっぱいでイカくさいのには参った。
オムツにビールやワインを4-5リットル入れる芸もすごいが (山崎邦正のオムツベイビーの元祖)ビニール袋をかぶって窒息しそうになる3分30秒歌う芸もすごい!電撃ネットワークを超えてる!

最後は 矢沢永吉のライブのようにしたいとのことで白いマイクでアンコールを歌い 最前列から徐々に立ち上がりの人間ウェーブで "ブレてません” また山口百恵のラストステージと同じく"私は引退します” とマイクをステージにおいた。 

しかし 梅垣隊を結成しやめないでーと舞台に駆け上がらせ、私はやっぱり歌いますと引退を撤回! 矢沢永吉の場合はタオルをみんなで上に投げるが、パンツが ビニール袋にはいっており女性用のパンツが入っていて観客750人ははみんな頭からかぶった(笑)そして上へ観客はいっせいにパンツを投げた!(ありえないことに 女性のお客さんは トランクス、男性は、女性用パンツをかぶる)そして片手でやめないデーといって手に振る)

そしてやめてくださいやめてくださいと7人の制止する係員を無視して(実は誘導)観客は舞台に登り梅ちゃんに駆け寄り舞台に乗りきれない人たちを残してカーテンが降りた。

このDVDは4月5日 "梅ちゃんの青い伝説”(あなたは まだ究極の愛を知らない) 3990円で発売予定らしい。次回講演は4月13日-16日 日本青年館で 梅ちゃんの青い迷宮(ラビリンス)だが、早くもチケット買っってしまった。予約チケット売り場に猫ひろしがいた!のでニャーといって写真を一緒に撮った!

梅ちゃんは私と同じ46歳 しかもお酒を1摘も飲めないでこんな芸ができるのはすごい!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« January 15, 2006 - January 21, 2006 | Main | January 29, 2006 - February 4, 2006 »