« October 22, 2006 - October 28, 2006 | Main | November 5, 2006 - November 11, 2006 »

October 31, 2006

さかなくん東京海洋大学の客員教授になる

006Sakanakun
はこふぐ帽子が目印。ご存知どうぶつ奇想天外!でおなじみのさかなくんが東京海洋大学の客員教授に10月10日就任。”もうギョギョうれしい!” 本名は非公表。年は いい年をしてといわれるのが嫌で成魚で通す。

小2のとき友達が描いたタコの絵を見て ”たこちゃん かわいい!”と興奮したのが始まり。軟体動物の研究で知られる東京水産大の奥谷名誉教授を”神様”とあがめるようになった。

弟子になろうと授業中も魚の図鑑に見入り 水槽学と間違えて 吹奏楽をはじめ魚屋やすし屋のアルバイトで魚の裁き方を身につけた。

魚への愛があだになってか勉強ははかどらず大学受験はあきらめたらしい。しかし人生って面白いものだ。好きなことをずっとやっていれば必ず道は開ける。

すごいもんだ!キャラクターもキャピキャピしてて素直で純粋すぎる そしておもしろい!魚介類も4000種わかるそうだ。こんな人がたくさん出てきたら勉強はもっと面白くなる。

Official HPより

さかなクン プロフィール
本名:宮澤正之(みやざわまさゆき)
1975年8月6日 東京都生まれ
血液型:O型 身長:169cm 体重:60kg


 4歳より神奈川県綾瀬市で育ちました(現在:千葉県館山市在住)。小学校2年の時友だちが描いた「タコの絵」をきっかけにすっかりタコに魅了され、魂を吸い取られてしまいました。このタコを足がかりに、果てしない「魚世界」へと探究の日々を過ごしました。
 中学生時代所属していた吹奏楽部の仲間たちと共に、日本では珍しい水槽内でのカブトガニの産卵孵化に成功、新聞にも大々的に取り上げられました。親戚が住む千葉県の白浜では海の生き物に親しみ、各地の漁港や水族館に通いつめ、図書館ではほとんどの魚図鑑を読破しました。専門学校時代は東海大学海洋科学博物館やサンシャイン国際水族館で魚・飼育の丁稚奉公を・・・!

 さかなクンの魚類の知識は4千種に及びます。食・魚食についての知識も凄まじく、その舌や嗅覚はプロの料理人・鉄人を唸らせるものがあります。1995年の高校3年生の時「TVチャンピオン・第4回全国魚通選手権」の初優勝を皮切りに、以来5連覇を達成中!「さかなクン」という名前もこの番組で呼ばれる愛称から生まれたものです。TBS「どうぶつ奇想天外!」ではおさかなナビゲーターとして活躍中。TBSラジオでは「全国こども電話相談室」や「小堺一機のサタデーウィズ」に出演中・・・。まったく新しいタイプのタレントとして注目を集めています。
 館山では漁師さんもしています。また職業潜水士の国家試験にも合格した、ちゃんとしたダイバーでもあります。現在千葉県立安房博物館客員研究員、館山市おさかな大使、JF全魚連密漁撲滅キャンペーンイメージキャラクター、2002年からはJF全魚連魚食普及関係の委員も務めます。全国各地の学校での講演会、総合学習課外授業の講師としても参加、魚や漁業に関する教育、普及活動にも積極的に取り組んでいます。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

October 29, 2006

軽石の天才 新庄剛志がすきだぁ!

Shinjo2Shinjo

最近尊敬する人が一人増えた。プロ野球界のエンターティナー
新庄剛志だ。自分の利益にとどまらず、人を喜ばそうとするその努力プロ意識が好きだ。周りを盛り上げ業界を活性化することはお金をかけてもむずかしい。

新庄はパフォーマーである。今季開幕するなり突然引退宣言。そして日本ハム優勝!そして日本一。

空からグランドに舞い降りたり 戦隊レンジャーの被り物をしたりハーレーに乗って登場足し 引田天功張りにイリュージョンを披露したり。札幌ドームに女性ファンを呼び込んだ功績は大きい。

何でもありの”新庄特区”を築き野球選手の引退宣言はシーズン終わってからであるのに。この人に行動原理はかっこいいことだ。

テリー伊藤さんが新庄は軽石だ。と言っている。みんなが石は沈むものとして常識で考えているときに ”ボクは水の中では沈まないよ! だってボクは 軽石なんだもん!”と水の中でも軽々と浮かんでみせる。これからはメジャーの時代じゃない。セリーグの時代じゃない。パリーグの時代だ!といってメジャーからの都落ちの雰囲気もみじんも感じさせずに自分で払拭させる。

新庄の強みは ”未練を持たないミーハー”でいることだ。
日本人は石人間だ。目立つことを嫌う。ヘタなパフォーマンスで失敗したときナニを言われるか判らない。日本で目立つとはリスクが大きい。

なぜ新庄はバッシングされないのか?軽石だからである。
新庄はパフォーマンスをして目立つことによって自分を鼓舞している。

”こんなことやってぜんぜん打てなかったらめちゃくちゃかっこ悪い”ということは新庄自身が一番良くわかっている。

目立ちもしない代わりに何もしない。そんな石人間になるより軽石になって目立つ。そんな人間になりたいと思う(体重は石ですが。)

これからの新庄の引退後の歩みは新しい日本人の生き方を見せてくれそうだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 22, 2006 - October 28, 2006 | Main | November 5, 2006 - November 11, 2006 »