« 有機ELの照明はこれからがすごい! | Main | Display 2007 とファインテック ジャパン »

April 12, 2007

ノーベル賞の白川英樹教授とともに

Img_0670Img_0650Img_0674_1
昨年12月から導電性高分子でノーベル賞をされた白川教授から実験の相談をうけている。今年10月から来年3月にかけてお台場の日本科学未来館で文部科学省主催の子供から大人まで楽しめる導電性高分子の1日セミナーを6ヶ月で6回行う予定。1回30人定員。何か非常に面白いことをしたいとのこと。透明なプラスチックフィルムから音がでるこの実験は驚きに値する。

私が実際この導電性高分子を長年仕事で扱っていた経験でフィルムスピーカーはどうですか?と先生に提案した。圧電素子として電流を流すと振動してスピーカーになる。先生もこれはは面白い!ということで10日に会議を行った。宇宙飛行士の毛利さんが日本科学未来館の館長だそうだ。秋には読売新聞主催でノーベル受賞者を囲むフォーラムがが全国で3-4回行われ6人のノーベル賞受賞者の日本人が2-3人ペアでまわるそうだ。

白川先生はまだ実験も現場でバーコーターでプラスチックに導電性高分子を塗っていて ノーベル賞を取ったにもかかわらず謙虚で何にでも好奇心を持つ永遠の青年だ。


|

« 有機ELの照明はこれからがすごい! | Main | Display 2007 とファインテック ジャパン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89074/14651128

Listed below are links to weblogs that reference ノーベル賞の白川英樹教授とともに:

« 有機ELの照明はこれからがすごい! | Main | Display 2007 とファインテック ジャパン »