« July 27, 2008 - August 2, 2008 | Main | October 19, 2008 - October 25, 2008 »

August 08, 2008

ウコンの力のCM

ハウス食品のウコンの力のCMが印西牧の原駅でロケが5月5日行われ放送されている。

ウコンのCM

加藤浩次の出演CMだ。このCMの最後のバックが町のホームはCGかもしれない。最近はトヨタのNOAもマンション前で撮影されたりしている。ガソリンが高いなったせいでこのCMは放映されてないようだ。

トヨタのNOAH 引っ越し編CM

撮影していた時の5月29日の日記

羞恥心の上地もこの前駅で撮影していた。
またジェロのミニコンサートもあって3000人も集まって芸能人の集まる街になってきたようだ。でも電車賃が高い!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 07, 2008

有機EL+スピーカーの避難誘導パネル

Img_2008071800203200807190650000
8月5日に山形県の後藤電子の社長に会いに仕事で行ってきた。するとこの前まで開発していた有機ELの避難誘導パネル+スピーカーがいつの間にか新聞発表されていた。後藤社長の行動の早さにびっくりした!
後藤電子 +城戸先生+ケンウッドの黄金トリオの共同開発の結果である。このパネルは山形県知事の部屋にあるとのこと。 宮崎県に負けじと知事も力が入っているらしい。 岩手地震もあり声がスピーカーから出て非難を促すシステムは重要である。

山形新聞7月18日付より引用

後藤電子(寒河江市、後藤芳英社長)は、県有機エレクトロニクス研究所(米沢市、城戸淳二所長)、音響メーカーのケンウッド(東京都)と共同で、白色発光の有機ELパネルを使い、パネルから音声を発生させることができる避難誘導灯を開発した。有機ELパネルとスピーカーを一体化させることで、光と音を同時に出す仕組みで、新たな用途としても注目される。今後は、防災無線と組み合わせるなど改良を加えながら、製品化させる。

基本技術として、ガラス板やポスター紙に、音の発生源となるボイスコイルを装着して、音声が聞こえるようにするパネルスピーカーの原理を応用した。後藤電子は、真四角線コイルの独自技術により高品質のボイスコイルを生産している。このボイスコイルを、厚さ数ミリの有機EL発光パネルの背面に装着することで、パネルが音を伝える振動板の役割を果たし、面全体から音が聞こえるようになる。振動があっても発光が不安定にならない、有機ELの特徴も生かされている。

有機ELは、同研究所が照明向けに開発している白色発光のパネルを活用。大きさは約15センチ四方。蛍光灯レベルの輝度があり、パネルの上に誘導サインのデザインを描いている。スピーカーとの一体化による省スペース、消費電力が少ない省エネ効果も期待される。

現段階の音声は、緊急事態の発生と避難場所の誘導をアナウンスする内容で、官公庁や企業などの建物内での需要が見込まれる。今後は、無線通信機器を手掛ける山形ケンウッド(鶴岡市)が研究に参加する予定で、防災無線の放送内容を流せるようにして、さまざまなニーズを掘り起こしていく。後藤電子の担当者は「山形で生まれた新製品として、来春には製品化したい」と話していた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2008

居酒屋民酒党 飲物と料理が全部一律300円の店

先週金曜日 調査会社 F社のT部長とA課長と会社のアシスタントのNさんと六本木の 居酒屋 民酒党で飲んだ。 飲み物 食べ物オール300円でめちゃくちゃうまい! レバ刺しと馬刺しのうまさといったら最高だ!これで300円?と思ってしまう。
8時にはマスターとじゃんけん大会があり勝つと人数分のビール1杯無料サービス。レトロな昭和の雰囲気で所狭しとお客さんの写真が壁一面に貼ってある。

ミッドタウンの前とは思えない、場所の良いところで料理と飲み物みんな一律300円はすごい店だ。
一人2000-3000円でもうおなかいっぱいで酔ってしまう。

会社のアシスタントのNさんの行きつけの店で紹介してもらった。このところ2か月に7-8回は飲みに通っている。2次会はFlat 9で踊って歌い朝5時まで。3次会は ISMへ 終わったのが朝9時半だった。!


居酒屋 民酒党
港区六本木7-3-14
03-5775-6838
日曜祭日休み

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« July 27, 2008 - August 2, 2008 | Main | October 19, 2008 - October 25, 2008 »