« フォークと落語と朗読のコラボの雪柳会 | Main | サメの写目メがテレビで放映されました! »

February 19, 2012

ナノテク 2012 を見てきました

Nanotech_3

2月15日~17日まで東京ビッグサイトでナノテク 2012が開催された。17日に朝から夕方まで見てきた。
最後にメイインシアターで16:00より新たな国家プロジェクト推進に向けた研究開発政策 というテーマで経済産業省のファインセラミックスナノテクノロジー材料戦略室 北岡康夫氏 次に研究開発課 研究開発企画官 吉田健一郎氏また最後に文部科学省のナノテクノロジー材料開発推進室長 坂本修一氏の話を聞いた。

リーマンショック以降 震災 円高などの影響で企業の開発費が平成21年度より2年続けて13兆円より12%急減している。プロジェクトの短期化また小規模化してきているとのこと。
Nanotech_4

最後の文科省の坂本氏が熱く 文科省で新たに立ち上げる元素戦略プロジェクト(研究拠点形成型)について説明した。本プロジェクトでは磁石材料、触媒電池材料電子材料、構造材料の4つの領域においてレアメタルを予知いない全く新しい材料の開発を目指し材料領域ごとに異分野融合研究拠点とそれをさせるネットワークを形成する。

経済産業省と文部科学省で賞を超えてガバニングボードを作り今後は協力してやっていきたいとのこと。
環境エネルギーの3本柱を中心にする。その元素戦略プロジェクトの説明があった。
Nanotech_2


異なる専門分野を持つ若手研究者が切磋琢磨をしながら産学が協力しながらやっていきたいとのこと。

1970年代オイルショックの後エコノミストはみな日本経済はは滅ぶだろうと予想したが、ところがどっこい日本は大きな経済成長をしてきた。現在は大手電機メーカーなどが大赤字で円高で苦しい中であるが、ナノテクノロジーを基幹技術にして日本を立て直したいと思う。

Nanotech_1

坂本さんが最後に ”産業は学問の道場である”という本多光太郎さんの言葉が胸に響いた。これは文科省の坂本さんの部署に張ってあるそうだ。

|

« フォークと落語と朗読のコラボの雪柳会 | Main | サメの写目メがテレビで放映されました! »

Comments

Everything is very open with a clear explanation of the challenges. It was definitely informative. Your website is useful. Many thanks for sharing!

Posted by: team t shirts | September 01, 2015 at 08:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89074/54018858

Listed below are links to weblogs that reference ナノテク 2012 を見てきました:

« フォークと落語と朗読のコラボの雪柳会 | Main | サメの写目メがテレビで放映されました! »