« February 5, 2012 - February 11, 2012 | Main | February 19, 2012 - February 25, 2012 »

February 16, 2012

フォークと落語と朗読のコラボの雪柳会

Yukiyanagi2

16日浅草橋の高知料理の居酒屋雪柳での雪柳会に参加した。奄美大島のフォークの希望の星 築秋雄さんと 落語家の瀧川鯉昇(たきがわりしょう)師匠と朗読の田中泰子さんおコラボと豪華で満席だった。

Yukiyanagi4


築秋雄さんは奄美の島歌の”チャボー”など5曲を熱唱、4曲目はチヂミという奄美大島の太鼓をギターのバックで私がたたくということになった。太鼓も結構重くて長時間たたくのにはかなり体力がいる。キックボクシングの成果がでてのだろうか?最後の5曲目の”遠い旅路”は作詞は雪柳の窪川龍二マスターで、非常にしっとりしたメロディラインのいい曲だ。今年レコーディングするそうで楽しみだ。今度は築さんお3曲の歌をカラオケで歌えるようにしておこう!

Yukiyanagi5

鯉昇師匠は古典落語の人情話”佃まつり” 田中泰子さんは向田邦子の“鮒”の朗読であっという間の2時間が経った。そのあと全員で楽しく飲んだ。田中泰子さんは40枚のチョコレートを用意しておられ参加者全員頂いた。
Yukiyanagi6

Yukiyanagi1

瀧川鯉昇師匠は来年還歴になる明治大学農学部の出身の落語家だ。初めて落語を聞いたが大変面白く引き込まれた。若い時に病気をして体重が40kgになり、タイのキックボクサーと間違われそのまま演技をしていた話に爆笑した。ウィキペディアの瀧川鯉昇師匠のページにはお見合いを約80回したと書かれていた。今度その話を聞いてみよう! 

会が終わった後に雪柳にキックの仲間の矢作さんと後輩の井上さんが合流し鯉昇師匠と飲んで話した。
3人の右側が井上さんで明治大学法学部卒の独身41歳。ただいま皆様花嫁募集中です!
Yukiyanagi3

| | Comments (3) | TrackBack (0)

February 14, 2012

サメの写メ(だじゃれです!?)

Shark1


2012021415520001

会社の近くの渋谷の道玄坂の回転ずしの台所やの前にサメが展示されていた。石川県で取れた100kgの山鹿サメだそうだ。でもこのサメは店には出さないそうだ。回転寿司でサメの皿が回っていたら怖い!このサメどうするのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

千葉県神崎町の寺田本家へキックの48名で見学

Terada11


Terada8


2月13日発酵の里 千葉県神崎町の寺田本家へ印西市の大橋道場のキックボクシングの生徒46名で訪問した。キックボクシングの先生である大橋先生の奥さんの実家が神崎町の木材住宅のの建築屋(川瀬木材)であり、大橋先生のお父さんと寺田本家の寺田社長と同級生だそうだ。そういう関係で非常に小さいころから寺田本家と家族付き合いをしているとのこと。
杜氏の方々は若くてEXILEのようだった。当時の人たちが楽しく歌いながら日本酒を造ると最高の環境で日本酒も美味しくなるということを聞いた。ふと疑問が湧いた。AKBの歌で日本酒は美味しくなるのだろうか?

Terada3_3

寺田社長の息子の優さんはイケメンで主婦にめちゃ人気だった。
うふふで発酵というのは意味はうふふと笑える環境で日本酒を造ると最高だそうだ。
Terada7_2


今回は主婦44名と男性4名のマイクロバス3台のツアーだった。男性陣は少なく圧倒されていた。千葉県で印西市は最強のキックボクシングの主婦軍団だと確信した。子供を持ち働きながらの主婦が多くパワフルであるが一見見るとそんなにパンチがすごいなんで想像できない。キックの大橋道場には主婦が100名近くいると聞いた。
私もようやくキックを初めて1年になるが4~5年やっている主婦にはかなわない。
パンチを受けたら人間サンドバックになりかねない。

寺田本家
289-0221
千葉県香取郡神崎町神崎本塾1964
TEL 0478-72-2221
FAX 0478-72ー3828

寺田本家のホームページ

寺田本家のブログ
yuumeina
5人娘というブランドの由来は寺田社長の娘さん3人とお母さんとおばあちゃんの5人からきているそうだ。
マイグルトが非常におなかにいいということでお土産で買った。また”醍醐のしずく”と”しぼったまんま”
1本を購入し合計4500円。しまった!味噌を買い忘れた!

Terada14


昼食は、印西市へマイクロバス3台で戻り まるみやでカサゴの豪華ランチだった。13時30分解散 15時解散で終わったが、自分は17時すぎまで大橋先生夫妻とまるみやのマスターと飲んでしまった。
Terada9

Terada10_4


| | Comments (0) | TrackBack (0)

テラヘルツ波の東工大の河野准教授

Photo_feb_2012_073


2月8日午後東工大の河野准教授に株式会社バイオジャパンと高見社長と執行役員の石井誠さんと訪問した。最近個人的に微生物と応用物理学との境界の分野に興味が湧いている。微生物細菌からテラヘルツ波が出ているのではという仮説を立てて、その検証をしようと考えている。学問的にまだ立証されていない未知の分野だ。しかし生物学と物理学の教会のハードルは高く、化学界でも同じである。異業分野における他分野を排除する傾向が強い。日本は非常に排他的である。NECからテラ波の観察できるカメラが発売されたと聞く。
アメリカのニューヨークではセキュリティとのして武器を隠して持っている犯人を20~30m先からテラ波で感知できるという記事が新聞に掲載されていた。これからのビジネス展開がすごそうだ。富士通 東京エレクトロン 浜松フォトニクスなど装置メーカーが参入している。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

起業家としスティーブジョブスを目指す大学教授

Yamagata1


Yamagata4


2月6日米沢市の山形大学の城戸教授のところへ久しぶりに伺った。雪が残り歩道はさすがに歩きにくかった。有機エレクトロニクスセンターが10号館として出来ており大きさにびっくり。ドリームチームを始め研究員多さにもびっくりした。Yamagata2

2007年から城戸先生個人ののひそかにあたためていたビジネスの夢を実現すべく私がそのビジネスを個人でサポートする事になった。 その詳細は、有機ELではないが、また公開できないが、大きなビジネス展開ができる可能性を大いに秘めている。山形のエジソンを超えてスティーブジョブズになるような気がする!?
単なる大学教授でなく起業家としての城戸先生の熱い思いを受け継いでサポートしようと思った。

Yamagata3

最近坂本桂一さんとの城戸教授との共著の“学者になるのか、起業家になるのか”というPHP新書(720円)から本が出版されており山形大の生協に展示されていた。私も思わず1冊喜んで買った。この本は対談形式ではないが、テーマについて交互にお二人が非常に書いており新しい形式であり斬新だ。
サインをもらうのを忘れてしまった。城戸先生すいません!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« February 5, 2012 - February 11, 2012 | Main | February 19, 2012 - February 25, 2012 »