July 04, 2005

ドイツW杯優勝に向け撮影開始!

Leverkusen2Leverkusen1仕事の会議は、3日間行われた。2日目は、会社の所有するチームのサッカー場内のホテル内で試合が見れる部屋で行われた。ちょっと粋な会議だ。サッカーのワールドカップ(W杯)の決勝が、来年7月9日にベルリンのオリンピックスタジアムで行われる。優勝をねらうドイツは開催国でもある。

南ドイツ新聞の6月15日の記事だが、ドイツではW杯の優勝を狙う道のりを追う映画の撮影が開始された。撮影はコンフェデレーションカップから始まっていて代表選手と同じ宿舎に宿泊し、試合中はもちろんベンチ入りし移動バスやホテル内控え室など通常は入らない舞台裏までカメラが密着しているそうだ。

メガホンをよるのは1954年のスイス大会で当時無敵と言われたハンガリーを破り優勝を決めた西ドイツの奇跡を描いた作品 ” Wundervon Bern"をヒットさせた ゼンケ ヴォルトマン監督(45)日本でも ”ベルンの奇跡”という映画で劇場公開されている。ヴォルトマン監督は1998年の W杯フランス大会で開催国のフランスが優勝した様子を映した映画を見て感動し触発されたとか。ベルンの奇跡に続いて、ベルリンの奇跡が起こるのをドイツ国民は期待している、

そういえば先週は、私が飲みに誘われなかったのはみんな早く会社から帰って、コンフェデ杯をテレビでみたかったのだ。それで町には人が少なかったのだ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 28, 2005

25日のプロレス試合That's エンプロは凄かった!

先週の3月25日金曜日の有明ディファで行われたプロレスの大会 ”That’s エンプロ”は凄く面白かった。N社のIさんと2人で行ったが会場は1400人ぐらいの盛り上がりで熱気ムンムン。長与千種引退記念プロデュースで 男女混合の試合形式で初だと思う。大日本プロレス、みちのく、DDTと男子のインディーズの団体と女子のガイアジャパンとフリーの選手25人が戦った。 お笑いありガチンコ勝負ありのこんなに笑ったのは初めてだ。究極の越すプレVS至高のコスプレ3番勝負で 一宮章 VS 広田さくらが面白かった。 橋本真也(一宮)VS高田総統(広田)、 ブル中野(一宮)VSブル中野(広田)、北斗晶(一宮)VS神取忍(広田)の3番勝負 一宮また広田さくらは面白い。藤原組長と吉田万里子VSカルロス天野と石川雄規、 アジャコングVS男色ディーノも最高だった。 
最後の有刺鉄線1000メートル&100本蛍光灯トルネードデスマッチは 高木三四郎、伊藤隆二 長与千種 VS アブドーラ小林、車道WX 尾崎真弓で 高木三四郎はガンダムスーツで試合登場は面白かった。しかし全員血まみれで蛍光灯の破片が試合後床が一面覆われていた。最後には 長与千種が選手をリングに呼んで選手に参加の感謝を述べていたが、温かみが伝わった。25年のプロレス生活の集大成としての試合らしかった。しかしプロレスの面白さが実感できた夜だった。なかなかこんな試合見れないぞ。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)